名古屋駅が迷駅な理由

リニア開通に伴う名古屋駅の改良の仕事に携わっています。家族が名古屋経由で伊勢方面に向かうというので、新幹線から近鉄への乗り換えについて説明しようとしたところ、困難にぶちあたりました。
JRの駅構内図
近鉄の駅構内図
名鉄の駅構内図

これで全体像がつかめるとしたら変人です。
自社の構内に何があるかを知りたいニーズはもちろんあるでしょうし、会社として駅構内図の表現ルールはあるでしょうが、乗換駅については共通ルールで乗り換えを含む全体像がわかるようにしないと。
全体が示せないとしても、せめて他社線との乗り換えがよくわかるように考慮した案内図であるべきです。

しかし名古屋の場合は問題はそれだけではありません。実は駅全体を統合した地図が公開されています(せっかくあるのだから各社の構内図からリンクぐらい張って欲しいところです)。
1階部分
地下1階部分
全体像は示されているものの、これでも乗り換えはわかりにくいです。ここからは空間構造の問題。接続部分の空間が小さいからうまく表せないんですね。近鉄・名鉄とJRを乗り継ぐときには、狭い空間を通って行かねばなりません。そのわかりにくさが実空間と地図の両方に影響していると思います。

乗り換えをわかりやすくするには接続空間が大きいことが鍵になると思います。東京で言うと以前の東急東横線の渋谷駅は接続空間が大きくてよかったですね。副都心線との相互直通後に乗り換えがわかりにくいと評判が悪いのも、接続空間が小さいのが一因だと思います。ヒカリエの吹き抜けは大きな接続空間ですが、現時点では核心からずれた位置にあります。

さて名古屋はどうなることか。関係者の皆さんと一生懸命考えます。

広告
カテゴリー: project パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中