法政大学景観研究室について

法政大学デザイン工学部 都市環境デザイン工学科 景観研究室は福井恒明が2012年4月に着任して創設した新しい研究室です.
都市や地域が,そこに生活する人にとって快適で,誇りと愛着を持って暮らせる場であるようにするにはどうしたらよいか,という問いのもとに,社会基盤(橋や川,道路など)のデザインや都市景観,あるいは場所の使われ方や意味に関する研究を中心に行っています.
このブログでは,主に日々の研究室活動や福井個人が担当している実務,雑感などを中心に,研究室の雰囲気や福井の考え方を伝えたいと思います.

法政大学景観研究室に関するウェブ上の情報発信

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中