はじめての景観研

景観研究室に入りたい学生に予め伝えたいことや,現在所属している学生に確認しておきたいことを記します.

研究室に所属するということ

  1. 研究室とゼミ
    • 法政では指導教員と学生のグループのことを「ゼミ」と呼ぶことが多いですが,福井はそれを習慣上「研究室」と呼んでいます.どちらでもいいです.
    • 研究室メンバーが集まって研究に関する議論をする会のことを「論文ゼミ」と呼びますが,これを略して「ゼミ」と言うこともあります.
  2. 授業と違う研究室生活
    • 研究室に所属するということは,学生と教員との信頼関係をベースに成立しています
    • 研究室のメンバーには,自主的な研鑽と,一定の役割分担が求められます
    • それに対して教員は,研究室の学生ひとりひとりと向き合って指導を行います
    • 出欠の判断が学生に任されていた授業と,研究室の活動は違う次元のものだと思ってください
    • 週1回の論文ゼミは参加必須です(アルバイトなどはあらかじめ調整してください)
    • 見学会やイベントなどは参加を強く推奨します
    • 飲み会は強制しませんが,来たらきっと楽しいです
  3. 自分で方法や答えを探す
    • 研究室では着眼点や方向性を示唆することはあっても,全てを教えることはしません
    • 一方的に知識を「授ける」授業と異なります.
    • 研究室には,これは学生のうちに読んでおいた方がよい,と思う本を置いています.ぜひ積極的に読んでください

景観研のルール

  1. 心構え
    • 何かしてくれるのを待たない.自分で考えて動く
    • 何も調べずに「わかりません」,何も考えずに「どうしたらいいですか」と言うのは禁句
    • 真剣にやる.研究も遊びも.特に遊び方面.企画から実施,後片付けまで
  2. 生活
    • 連絡は取れるようにしておく
    • 室内外を問わず公共の場所を汚さない.市民の規範たれ
  3. 飲み会
    • 喫煙者には申し訳ないが,飲み会は禁煙なのでよろしく
    • 当然一気飲み(自発的なものもダメ)や無理強いなどありません
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中